アニメ、PCさえあれば十分。ゲームも適度に

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朽波 櫻子

アニメ、PCさえあれば十分。ゲームも適度に

amba 2016

Razer社が開発する高性能なゲーミングマウスは世界中のトップゲーマーから支持を受け、日本でも大きな人気を博しています。そのRazer社が新たに発売したマウスは「Razer Mamba 2016」で、16000DPIの世界で最も精度の高いゲーミングセンサーを有し、革新的な調整可能クリックフォーステクノロジーによりクリックフォースが調整できる点が大変優れています。本記事ではこのクリックフォーステクノロジーに焦点を当て、最新のRazerゲーミングマウス「Razer Mamba 2016」に迫ります。

調整可能クリックフォーステクノロジーとは?

そもそも調整可能クリックフォーステクノロジーとは、マウスクリックのボタンの重さを調整できる機能のことです。プレイ中、マウスクリックの重さが気になったことはありませんか?MOBAのような軍団を指揮するゲームでは重厚なクリック感は求められず、むしろ連射に適した軽く早いクリックが求められるはずです。それに対してWorld of Tanks や FPSのスナイパーといった確実な射撃が必要な場面では軽いクリック感では心もとないでしょう。このようにゲームの特性のみならずゲーム内で求められるあらゆるシチュエーションに対応したマウスが、調整可能クリックフォーステクノロジーを持つ「Razer Mamba 2016」だと言えるでしょう。

調整可能クリックフォーステクノロジーはアナログスクリュー機構によって実現されます。この機能はRazer Mambaマウスの底面にマウスボタン用のアジャスタがアナログスクリュー(ネジ)の形で実装されていて、マウス同梱の六角レンチでネジを回転させることで上下させてクリック感を調整します。調整は15段階(45g〜95gの動作荷重)に渡り、必ず満足のいくクリック感を見つけ出せるでしょう。

マウスの軽いクリック感(クリック設定1〜3)はプレイヤーの行動を素早くゲームに入力することを可能にします。逆に重いクリック感(クリック設定13〜15)はクリックコントロールがプレイを左右する場面で活躍するでしょう。中間のクリック感はバランス重視の設定でMMORPGからFPSまで幅広い使用が期待されます。

もちろんセンサーにもこだわっています!

「Razer Mamba 2016」は調整可能クリックフォーステクノロジーの他、世界最高精度を誇るゲーミングセンサーが搭載されています。これにより従来のマウスに比べてFPSやアクションゲームでプレイヤーの視線や反射神経をキャラクターに反映させることがより精密に可能となりました。しかし精度の高いセンサーによる正確なエイムやアクションも正確な射撃や攻撃、防御がなされなければ意味がありません。この点、「Razer Mamba 2016」は精度の高いDPIと調整可能なクリックフォースでプレイヤーのスキルを精度高くゲームに反映させる力を持ったマウスと言えます。