アニメ、PCさえあれば十分。ゲームも適度に

朽波 櫻子

アニメ、PCさえあれば十分。ゲームも適度に

キーボード 掃除の仕方

1.キーボードは汚れている

1-1.毎日使うキーボード

今では、毎日パソコンに触れる人がいるかと思います。しかし、洗っていない・食事を終えた手で触るキーボードにはさまざまな汚れが付着しているのです。また、手垢(てあか)やほこりなどの細かいごみも付いています。
パソコンをしながら食事をする人もいるでしょう。しかし、パソコンの衛生環境は思っている以上に悪いです。

1-2.外国などの調査

また、パソコンのキーボードに関してイギリスの専門家が調査を行いました。調査の結果、キーボード上には大腸菌やサルモネラ菌などが付着していることがわかったのです。キーボードによってはトイレ以上に汚れていることがあるのを知っておきましょう。

2.キーボードの簡単な掃除法

キーボードがどれぐらい汚れているのかご理解いただけたかと思います。では、実際にどのような掃除をすればいいのでしょうか。ここでは、キーボードの掃除をする方法を紹介します。

2-1.掃除機でほこりを取る

まず、キーボードの表面に掃除機を掛けましょう。
キーボード上にはたくさんのほこりやごみが付いています。掃除機の弱いモードで表面をなぞるように清掃しましょう。
デスクトップ型のキーボードならひっくり返してほこりやごみが落ちます。しかし、ノートパソコンの場合は溝や隙間にほこりが溜(た)まっているのでかき出しましょう。

2-2.ドライヤー・セロハンテープで念入りに掃除する

掃除機で取り切れないほこりやごみは、ドライヤーの冷風で吹き飛ばしましょう。ドライヤーの冷風で勢いよく吹き飛ばすときれいになります。
さらに、セロハンテープを使ってキーボード表面のごみを取り除いていきましょう。しつこいごみなどは、セロハンテープの作業にて取り除くことができます。隙間に入り込んでいるごみが気になる場合は、爪楊枝(つまようじ)でかき出しましょう。しかし、パソコンの基部を壊さないように注意してください。

2-3.除菌シートで拭く

先ほど確認したとおり、キーボードは非常に汚れています。キーボードのごみを取り除くことができれば除菌シートで拭いておきましょう。ごみだけでなく除菌を忘れないようにします。
しかし、水分の多い除菌シートは使わないにしましょう。故障の原因となります。

3.掃除のとき気を付けること

パソコンのキーボードは汚いため定期的に掃除をしたいもの。しかし、精密機械ゆえに気を付けたいこともあります。この項目でチェックしておきましょう。

3-1.水分を付け過ぎない 

キーボードを掃除するときは水分を多く含んだ除菌シート・布巾を使わないようにします。機器に水が入り込むと故障の原因となるので注意しましょう。
また、拭き終わった後は乾燥した布でから拭きをします。精密機械を掃除した後は水分が残らないようにしましょう。

3-2.明るい部屋にて行う

掃除をするときは明るい部屋にて行うようにします。
明るい部屋で行うとほこりなどのごみが見やすくて快適です。また、パーツをばらしている場合、紛失を未然に防ぐことができます。さらに、どれぐらい掃除がすすんでいるのか把握しやすいです。

3-3.換気を行う

部屋の掃除を行うときは窓を開けるなど換気を行いましょう。キーボードの掃除を全くしていないのであればほこりが溜(た)まっています。必ず窓を開けてから掃除を行いましょう。
また、ほこりが体に入らないようにマスクをしてから掃除することをおすすめします。掃除をしている中で病気やアレルギー発作が起こらないようにしましょう。

3-4.静電気が起こらないようにする

精密機械であるパソコンは静電気に弱いです。静電気が起こるとパソコンの故障原因となります。
作業をするときは、セーターなど静電気が溜(た)まりやすい服を着ないようにしましょう。また、ドアノブなど金属類に触れて静電気を体内に溜(た)め込まないようにします。

3-5.電源を抜いてから作業する

キーボードの掃除をする場合は電源を切ってコンセントも抜いてから行いましょう。
パソコンは長時間使うことで熱を発します。すぐに掃除をするとけがの原因となるので注意しましょう。
また、パソコンへの電気供給が完全に無くなった状態で掃除しないと故障する可能性もあります。

3-6.掃除前の状態を撮影しておく

パソコンを掃除する前にアイフォンや携帯電話で写真を撮っておきましょう。元に戻すとき、どの端子にどのケーブルをつなげるのかわからなくなるのを防ぎます。
また、キーボードを分解して掃除する場合も撮影を行いましょう。どの部分にどのキートップを付けるのかわかるようにしておきます。